採用についてはこちら

LINE始めました

TEL052-825-3980

受付/9:00~18:00(土日祝休)

かんたん無料お見積もり

お問い合わせ

無料お見積もり

PERFORMONCE

三重県 – 太陽光施設用フェンスの販売施工なら久野商事

太陽光フェンス

三重県が行っている防獣対策

平成30年度における三重県の野生鳥獣による農業被害金額は、約2億3200万円となっています。被害額のピークを迎えていた平成22年から23年に比べれば半分程度にまで減っていますが、それでもなお被害が深刻です。 最も大きな被害を与えているのはイノシシで、以下ニホンジカ、ニホンザルと続きます。少しでも被害を抑えるために三重県では、侵入防止柵の整備や計画的な有害鳥獣捕獲活動を害獣が多く出現する地域で促進しています。 具体的な事例としては、県と各市町が連携して「えさ場をなくす」「隠れ場をなくす」「侵入防止策で囲う」「追い払う」「適切に捕獲」の「獣害対策五箇条」に沿った、集落ぐるみの取り組みを掲げているのが特徴です。 この5つの対策は、十分な防獣対策の知識を有していない農林業者や民間人に、正しい知識を身につけてもらうことを目的としています。それによって防護柵などの防獣対策効果が十分に発揮されることも目的のひとつです。さらに獣害の増加要因である、未収穫作物の放置や管理不足などの解消も目指しています。 三重県の公式サイトでは、効果的な「はこ罠捕獲マニュアル」や防護柵の設置と管理、さらに獣害に強い集落づくり方法などを紹介しています。 市町村においては、地域からの要望に応じて補助事業を活用した侵入防止柵の設置や猟友会への委託を通じた有害鳥獣の捕獲も行なっています。 ワイルド・ライフ・マネジメントの考え方に基づき、被害対策と生息管理を組み合わせた総合的な獣害対策も実行し、地域における支援体制の設備を進めています。 実際に鳥獣被害防止に実績をあげている自治体や協議会に対しては表彰を行い、その取り組みを広く紹介しているところは三重県ならではの取り組みです。

群馬県 太陽光フェンス

三重県で被害が多い地域とは

三重県が行っている集落実態調査によると、大台山系から紀北地域にかけてはサルが、志摩半島山間部ではイノシシが、大台山系奥部地域の集落では深刻なシカの被害が報告されています。 近年は志摩半島から大台山系にかけての地域でイノシシが、鈴鹿山脈から伊賀山地、大台山系から紀北地域の山間部にいたる三重県の山間地ではサルやシカによる被害が増えているとことがわかりました。農地や山間だけではなく、最近は住宅地などの平野部まで拡大しています。 また、一部地域ではアライグマなどの外来獣も増えていて、今後は被害が拡大することが予想されています。

Products

製品案内

全国のフェンス
施工パートナー募集!

Recruiting partners

パートナーについて詳しい条件を見る

大切な資産を守るお手伝をいたします!

Contact

お問い合わせ

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
販売から施工までを一貫してのご依頼も承っております。

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
大切な資産をお守りするお手伝いをさせていただきます。