TEL052-228-2650

受付/9:00~18:00(土日祝休)

資料請求

お問い合わせ

お問い合わせ

無料お見積もり

BLOG

ブログ

太陽光

太陽光発電のメンテナンス(O&M)は必要なのか?

皆さん、こんにちは。いつも久野商事をご利用頂き誠にありがとうございます。
今回は太陽光発電のメンテナンスの必要性についてお話したいと思います。

既に太陽光発電をやられる企業様ではご存じの方が多いかと思いますが、これから太陽光発電を始める企業様のために、具体的にどのようなメンテナンスが必要なのか、費用がどれくらい掛かるのかご説明させて頂きます。

そもそもO&Mとは?

太陽光発電を始める上でO&M(オーアンドエム)という単語を良く聞かれると思います。
そもそもO&Mとはなんなのでしょうか。

O:オペレーション

Oとは「Operation:オペレーション」の略で、直訳すると「操作・運転」などを意味しますが、太陽光発電では「運転管理」の事を指します。
オペレーション業務では、太陽光発電システムの発電量の最大化を図る取り組みとなります。

代表的な業務としては「発電量監視」「障害時復旧対応」の2種類があります。

発電量監視

発電量監視とは言葉の通り、太陽光発電システムで発電されている発電量を監視する事です。
発電量監視には直接現地に向かい、電力メーターを確認する方法と、遠隔監視システムを利用して確認する方法がありますが、遠隔監視システムを利用するのが一般的です。
業者によっては、システムの故障に備えて有人による監視を行う業者もあります。

障害時復旧対応

障害時復旧対応とは、太陽光発電システムに万が一障害が発生した際に、専門業が復旧対応を行います
障害対応は復旧までに時間が掛かれば掛かるほど損失となってしまいますので、素早く対応出来る業者太陽光発電システム近辺にあるメンテナンス業者に依頼するのをおすすめします。

M:メンテナンス

Mとは「Maintenance:メンテナンス」の略で、こちらはそのまま「保守点検管理の事を指します。
保守点検管理には大きく分けて、サイト管理と定期点検の2種類があります。

イト管理

サイト管理とは太陽光発電システムを設置している敷地や用地を管理する事を指します。
主に「雑草対策」や「侵入・盗難対策」、「パネルの洗浄」などを行います。

 

定期点検

定期点検は予め点検するスケジュールを組んで点検を行う業務の事です。
点検項目は多数ありますが、主に「設備の劣化・老朽化のチェック」を行います。
定期点検を行うことで、障害の早期発見出来る可能性があるため、大切な作業と言えます。

 

太陽光パネルやパワーコンディショナーといった太陽光発電を行う機器は寿命を迎えていつかは壊れてしまいます
また、寿命だけでなく自然災害などで寿命を迎えるより早く壊れてしまう事もあります
そのようなリスクを少しでも抑えるためのものがO&M、つまり太陽光発電所を長期間運用するためのものです。

太陽光発電所の具体的な保守・点検については、一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)様が太陽光発電システム保守点検ガイドラインを公開しておりますので、こちらをご覧ください。

なぜ太陽光発電にメンテナンスが必要なのか

まず初めになぜメンテナンスが必要かをご説明致します。

発電効率が低下するため

太陽光発電設備のメンテナンスを怠ることによりパネルの老朽化や汚れ、架台周りの雑草が成長して太陽光を遮断してしまう事により、
発電効率が1年で数%程低下してしまうと言われています。太陽光発電は長期間運用するため、1年あたりの効率が下がるだけで大きな損害に繋がります。

発電効率の低下には太陽光パネル周りの雑草で起こる事もあります。

そのため、太陽光パネル周りの草刈りを定期的に行うことをおすすめします。
もし草刈りの頻度が多い場合は雑草対策や防草シートを敷くことをおすすめ致します。

雑草対策については「太陽光発電所の雑草対策 なぜ雑草対策が必要なのか」でまとめておりますので、こちらも併せてご覧ください。

機器の故障を早期発見するため

太陽光発電所にはソーラーパネルや架台、その他機材の他にフェンスや場所によって防草シートを利用することがありますが、それらの傷や痛みを早期に発見することにより大きな被害や近隣住民のクレームに繋がるの事前に阻止することが出来ます。
特に台風や地震などの自然災害の後には必ず現地で確認することを
オススメ致します。

太陽光発電のメンテナンスが法令で義務化されているため

太陽光発電設備のメンテナンスは2017年4月より施行されている改正FIT法で義務化されています。
そのため、太陽光発電施設の所有者は必ず保守・点検を行わなければなりません。

改正FIT法の施行
平成28年5月、国会にて固定価格買取制度(FIT制度)の改正法が成立、平成29年4月1日より施行されます。

保守点検・維持管理義務化
この改正FIT法により、全国の太陽光発電は住宅用からメガソーラーまで、一部の住宅用特例太陽光を除き、総て「保守点検・維持管理の実施」が義務化されました。

引用元:一般社団法人日本太陽光メンテナンス協会

太陽光発電設備は機械ですので、10年以上長期にわたって運用することが前提で電気機器が複数あり、壊れる要因も様々です。
壊れる要因は大きく分けて、内部要因外部要因の二つに分けられます。

内部要因

内部要因は主に製品自体の不良や経年劣化による故障を指します。

外部要因

外部要因は主に人的なものや天候・害獣被害などを指します。内部要因であれば日々のメンテナンスである程度抑えることが可能ですが、外部要因を防ぐのは容易ではありません。
害獣であれば対策を行うことで被害を抑えることは可能ですが、台風や豪雨による自然災害防ぐ事が出来ません。

大型の台風により架台が折れたり、パネルが飛ばされたりなど近隣住人に被害が出ることもありますので、こまめな点検・保守を行いましょう。

害獣被害の対策については、今スグ始めるイノシシ対策9選、農業や酪農をイノシシから守る!で詳しくまとめておりますので、こちらをご覧ください。

 

太陽光施設が破損したらどうなるのか

こまめな点検や保守を行っていても破損する可能性は十分に考えられます。
もし太陽光施設が破損してしまった場合はどのような影響があるのでしょうか。

人的な被害

メンテナンスを怠ったことにより漏電による火災や台風などの突風でパネルが飛ばされたりすることで近隣住人に被害が及ぶ可能性があります。

売電の損失

太陽光発電はいかに早く初期投資を回収できるかが重要です。そのため、少しでも売電効率が落ちるだけで大きな損失に繋がります。
また、万が一故障などした場合、その間は売電が出来なくなってしまうため、計画の見直しなどが必要となってきます。

太陽光施設は機械のため、細心の注意を払っても破損・故障してしまう可能性が高いです。
そのため、万が一破損・故障してしまったときのために、保険に加入することをオススメ致します。

太陽光発電における保険については「太陽光発電所の自然災害リスクとは?すべき対策について徹底解説」にて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

太陽光発電のメンテナンスに掛る費用と損害時に掛る費用

太陽光発電設備のメンテナンス費用は依頼する業者によりまちまちですが、低圧で大体年間10万円〜15万円前後
高圧の場合は年間100万円~200万円前後と言われています。

また、機器とは別に雑草対策も重要です。草刈りの費用として、大体1000平方メートルで1回あたり20~30万円程度となります。
雑草は植物の中でも特に力強く、何度も生えてくるため、定期的に草刈りを行う必要があります。
メンテナンス費用は一見、高額にも思えますが、損害時の費用を考えるとかなり安価と言えるでしょう。
雑草対策については「太陽光発電所の雑草対策 なぜ雑草対策が必要なのか」にて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

パワーコンディショナー(パワコン)

メーカーによって変わりますが、大体15万円から25万円前後となります。
パワーコンディショナーについては「パワーコンディショナーの選び方と基礎知識」にて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

売電メーター

アナログで1万円~3万円前後。デジタル式だと少し高額になり、4万円~6万円前後です。

太陽光パネル(モジュール

こちらもメーカーによって変わりますが、大体1枚辺り10万~20万前後です。
太陽光パネルについては「失敗しない太陽光パネルの選び方 押さえておきたいポイント」にて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

メンテナンス業者の選定方法

太陽光発電設備のメンテナンスはとても重要で専門的な作業となります。
専門知識のない自社の人間で行うと、見落とし漏電による感電などのリスクがありますので、必ずメンテナンスの資格を持った技術者がいる専門性の高い業者を選びましょう。
特に「太陽光発電メンテナンス技士」や「PIAの技術認定」の資格を持つ業者がオススメです。

 

まとめ

太陽光発電設備のメンテナンスを怠ると、売電効率の低下や故障など大きな損害に繋がるため、信頼出来る業者に依頼して、定期的に点検する事が大切です。
太陽光発電はどうしてもランニングコストが大きく掛かってしまうため出来るだけそれ以外の面で費用を抑えたい業者も多いかと思います。

久野商事では低価格・高品質なフェンスや防草シートをご用意しておりますので、改正FIT法で義務付けらているフェンスの設置や雑草対策の防草シートをお探しの場合は、是非ご利用下さい。

お問い合わせはこちら

SNSでシェアする

FacebookTwitterLine

この記事を書いた人

久野 将成

フェンス一筋数年。IT界からフェンス界に転生した久野です。
太陽光フェンスやアニマルフェンスについてのウンチクを中心に書いていきます。

  • instagram
  • instagram

関連記事

太陽光フェンス 傾斜

セカンダリー物件の売買ついて徹底解説

投資

太陽光発電投資のメリット・デメリットを徹底解説

架台

太陽光 2022 / 10 / 27

野立て太陽光発電の架台とは?最適な架台の種類と設置のポイント

製品

お役立ち資料

お問い合わせ

ランキング

トウガラシ 1

イノシシ対策に使われるハーブ・トウガラシは効果的なのか?

2020 / 09 / 28

エアガン 獣害対策 2

エアガンで獣害対策!おすすめグッズ7選!

2021 / 03 / 19

木酢液 3

木酢液でイノシシや鹿を追い払えるのか?

2020 / 12 / 07