TEL052-228-2650

受付/9:00~18:00(土日祝休)

無料プレゼントを貰う

プロに聞いてみる

お問い合わせ

無料お見積もり

BLOG

ブログ

太陽光

ソーラーカーポートとは?メリットとデメリットを解説!

みなさん、こんにちは。久野商事のブログを閲覧いただき、ありがとうございます。
秋を迎える今日この頃ですが、太陽光発電を行っているみなさん、この夏はたくさん発電しましたか?振り返って見ると、今年の夏は、うなだれるような暑さを感じた日は数日だった記憶です。そもそも雨が多く、日照時間が少なかった印象ですがいかがでしょうか。

益々日照時間が少なくなっていく季節になるので、きちんとした設備で効率良く、発電を行いたいものですね。

さて、本日のお題は、“ソーラーカーポート”についてです。
その名の通り、“ソーラー”と“カーポート”がくっついたものを想像してください。

一軒家の前の駐車場でよくみかける、車庫でもなく、シャッター付きのものでもない、屋根はあるが壁がない簡易的な車庫のようなものをカーポートと呼び、この屋根部分にソーラー、すなわち太陽光パネルがくっついているものを総称して “ソーラーカーポート”と呼ばれています。
個人宅や企業オフィスでの太陽光発電と考えると、母屋の屋根に設置することが多くみられますが、実は、カーポートの上に取り付けても、太陽光発電として発電することができるのです。

 

ソーラーカーポートの種類

基礎知識としてソーラーカーポートの種類をご紹介したいと思います。
ソーラーカーポートは大きく3つに分類することができます。

ソーラーカーポート一体型

これは、カーポート自体が太陽光パネルを設置する専用に設計された特別な既定のカーポートになります。特徴としては、屋根傾斜がなくフラットにしてあり、屋根の上に無駄なスペースをとることなく、太陽光パネルの設置が可能です。見た目もスタイリッシュなものが多いです。

一体型で注意するべきことは、発電する必要が無くなったから、太陽光パネルだけ取り外して、通常のカーポートだけにしたいという変更への対応が難しいという点です。よって、一体型ソーラーカーポートを取り付ける際には、太陽光パネルの取り外しはできないという点を理解しておくことが大切です。

後付けソーラーカーポート分離型

これは、すでにあるカーポートに対して、太陽光パネルを後から付けるというものです。
屋根に傾斜やカーブが激しくある場合は、太陽光パネルを設置することが難しい場合がありますが、基本的には、既存のカーポートに架台を設置してその上に太陽光パネルを設置します。
架台を利用することによって高さや角度の調整を行い、より効率的な発電を期待することができます。

分離型のカーポートは、一体型と違い、発電が不要になった場合は太陽光パネルを取り外すことが可能で、カーポートとしてそのまま使用できるという利点があります。

ただし、既存のカーポートの種類や素材によっては、架台が設置できなかったり、太陽光発電用の利用が不可と判断されるものがあるので、事前に確認が必要です。
また、カーポート自体の可能積載量を確認せず、太陽光パネルを可能な限り積載して、カーポートが壊れたりなど破損する場合があるので、設置の際には必ず既存にあるカーポートの仕様の確認が必要です。

オーダーメイド型ソーラーカーポート

オーダーメイド型は、外構のデザインや母屋の外観に合わせてソーラーカーポートの設計・デザインをすべてオーダーメイドで製作できるものになります。
既存タイプではなく、家の雰囲気にぴったり合うスタイリッシュなものが欲しいという場合、このタイプでお願いすることができますが、オーダーメイドということもあって、価格が高めになることが少し難点です。

ソーラーカーポートのメリットは?

気づいていない⁉デッドスペースの活用

カーポートの使い方としては、車の日除け、雨や積雪から守る目的がほとんどですが、他にも夏には遊び場としてBBQやプールをしたりと活用方法がたくさんあります。
では、カーポートの屋根上はどうでしょう?カーポート下のスペースはフルに有効活用しているのにも関わらず、あまり目が届かない屋根上の空間は、何も活用できていません。
いわゆるデッドスペースと呼んでも過言ではない状態です。

そんなところに目をつけたのがソーラーカーポート。屋根上に設置しておくだけで、降り注ぐ太陽の光を電力に変えて、自己発電ができる。
そして電気代を削減することができるのです。

 

災害時の不安解消

災害大国日本においての太陽光発電の備えはとても重要視されています。特に東日本大震災の後の太陽光発電システムへの取り組みは増加傾向です。

太陽光発電システムを導入していると、災害や何かの拍子に停電が起きてしまった場合でも、発電中であれば、停電の間でも安全に電気を使用することができます。

さらに、蓄電池がある場合は、貯めておいた電気を、いつなんどき(夜)でも使用することができるため、太陽が出ていない(発電中でない)から、電気がすべて止まってしまうということがありません。災害時や万が一のときに備えて太陽光発電を導入する方も増えており、その場合は蓄電池も一緒に導入する方が増えています。

 

環境への配慮

近年、SDGsというワードを見かけない日がないほど、日本でも取り組みが拡がっています。
その中でも再生可能エネルギーについては、とても重要視されており、カーボンニュートラルへの取り組みが各企業で始まっています。
その中でも個人や企業が一番取り組みやすいと言われているのが、太陽光発電システムです。自己発電を行い、自己消費をする。
それが当たり前になっていく日もそんなに遠くないと思える時代になってきました。

カーボンニュートラルの取り組みについては、自動車産業が盛んな日本において、少し出遅れていた電気自動車(EV車)もようやく供給が始動しました。
ただ、電気スタンドなどまだ電気自動車用のインフラが整っていないことが浸透に歯止めをかけているように思えます。
しかし、自己発電をした電気を使うEV充電器プラグが自宅にあったらどうでしょうか。自宅で安心して十分に電気を満タンにすることができます。
昨今、自宅に太陽光発電を取り入れる際、将来的に電気自動車購入を検討しているためにEV充電器プラグを設置するという方も増えています。

 

ソーラーローンの対象

ソーラーカーポートの設置にかかる費用については“ソーラーローン”を組むことができます。
設置するソーラーカーポートの価格によりローン対象額は変わりますが、毎月発電する電気を売電し、売電収入からローンを支払っていく。
支払いが完済すればその後は、自己発電した電気を自己消費し、月々の光熱費の出費を下げることができます。

ソーラーローンについては、下記ブログにて紹介しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

環境省が提言するソーラーカーポートのメリット

環境省がソーラーカーポートのメリットについて事例も取り入れながら、紹介しています。
内容はここに記載したものと重複するものもありますが、ぜひソーラーカーポートの取り入れをご検討されている方は、ご参照ください。

ソーラーカーポートの導入について

ソーラーカーポートのデメリットは?

初期設置費用が高くなる

通常のカーポートの上に太陽光パネル等を設置するため、太陽光パネルの費用や場合によっては架台の費用が通常のカーポートの費用に加算されるので、単なるカーポートと比較すると費用が高くなります。
太陽光パネルを設置すると決めたら、現金一括で購入するのか、ローンの場合は月々の返済プランと売電収入のシミュレーションを事前に行うことをおすすめします。

 

増築許可申請が必要

ソーラーカーポートを設置する際は、建物の建ぺい率や容積率が関係してくるため、市町村への申請(増築許可)が必要となります。
設置してしまった後に万が一許可が下りなかった場合は、取り外さなければいけないということになりますので、事前に各自治体や役場で申請が可能かどうか確認をおすすめします。

 

自然災害においての被害

特に日本では、自然災害を完全に免れることは難しいですが、積雪が多い地域などでは、あらかじめ積雪に強いソーラーカーポートの設置が大切です。
その他にも地域の特性や条件、環境に合ったソーラーカーポートが各メーカーで販売されているので、購入する際は、事前に調査をして、地域にあったものを選択しましょう。

 

期待以下の発電量

ソーラーカーポートを設置したのは良いが、母屋や周辺の建物が弊害となり、太陽光を十分に受けられず、予想していたより発電量が少ない!ということも起こりえます。
ソーラーカーポートを設置する場所や太陽光パネルのスペックで解消することもできますので、こちらも業者さんと事前にしっかりとシミュレーションを行うことが大切です。

 

ソーラーカーポートの設置費用はどれくらい?

自宅への通常設置

おおよそのコストではありますが、200万円ほどで設置が可能と言われています。
もちろん、カーポートの大きさにより、設置できる太陽光パネルの数も増えるため、価格も変動しますが、太陽光パネルの数に比例して発電量もその分増えることが期待できます。

車が2台駐車できる大きさで、約180万円~240万円
車が3台駐車できる大きさで、約250万円~300万円
車が4台駐車できる大きさで、約300万円~380万円

屋根貸し

自分が持っているカーポートの屋根を業者さんに貸すことにより、提供する側としては設置費用自己負担が0円で太陽光発電を導入することができます。
貸出の条件(面積やkW数)などが決められているので条件にマッチした時のみ、「屋根貸し事業」は成り立ちます。

費用のやりとりなどは別途業者さんと取り決めする必要がありますが、一般的には、提供者として売電収入の一部を「屋根の利用料」として請求することができます。
すべての売電収入を得ることはできませんが、初期費用負担0円で一定の売電収入を得ることができます。

 

PPA

投資家や金融機関から導入資金を収集して、太陽光発電システムを導入検討しているカーポートに設置することができるサービスです。
もちろん設置する際の初期費用は0円ですが、月額の売電収入は一切なく、月々の電気代の支払いも発電量関係なく必要です。
メリットとしては、契約期間終了後には設置した太陽光発電システムが無償で譲渡されるという点です。

PPAについては下記ブログにて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

ソーラーカーポートは固定資産税の対象?

一般的に車庫などは固定資産税の対象でありますが、カーポート、ソーラーカーポートは対象なのか?という疑問が出てくると思います。

カーポートの場合

固定資産税は、下記4つの条件をすべて満たす場合、固定資産税の課税対象になります。

  1. 基礎が地面に固定されていること
  2. 屋根があること
  3. 壁に覆われている面が3面よりあること
  4. カーポート以外の目的で利用が可能なこと(住居・作業・貯蔵など)

上記の条件をすべてクリアしない場合は、固定資産税の対象外となります。

 

ソーラーカーポートの場合

下記2つの条件を満たす場合、固定資産税の課税対象になります。

  1. 10kWh以上の発電ができること
  2. ソーラーカーポートが一体型であること

 

固定資産税計算方法詳細は下記記事の「太陽光発電にかかる税金の種類 固定資産税」にて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

最後に

最近、住宅用太陽光発電システムや産業用太陽光発電システムを見かける機会が増えているのではないでしょうか?
太陽光発電システムを取り入れたいと思ってるけど・・・どこに問い合わせて良いかわからない・・・等、色々と相談したいことがあると思います!
久野商事株式会社では、産業用の太陽光発電設備から個人宅の太陽光発電設備にまつわるすべての機器(パワーコンディショナ、ソーラーパネル、架台、フェンス、防草シート等々)を取り扱っており、導入実績も豊富です。
また必要備品の取り扱いだけでなく、工事も承っており、設置前の基礎工事から承り可能です!

太陽光発電の設置を検討し始めたら、まずは久野商事にご連絡ください。
太陽光発電周りの機器から基礎工事を含めた設置工事まですべて一貫で承ることができ、価格や品質においては、お客様の期待以上にお応えいたします!

 

久野商事自慢の商品をご紹介

防草シート材料・施工について

効果的な防草シートの活用をご存知ですか?簡単に思われている防草シートの施工ですが、自分で施工するのと、プロに任せるのとでは、効果が抜群に変わってきます!
当社では、草刈施工・刈り倒し・集草・処分まで対応可能です。材料・工事を1社で遂行するので、コストダウンも可能です。
施工環境を配慮して、長持ちさせる気遣い施工にも自信があります!防草シートのみでもすぐにかけつけます!

雑草対策については下記記事で詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

フェンス材料について

実際にフェンスを取り扱う問屋さん、メーカー、商社、どこに問い合わせてみても、フェンス自体の相場はあまり変わらないと思います。*もちろん種類にもよります
そこで今注目されているのが、プロデュースbyジャパンの中国製フェンス。その名の通り、日本でプロデュースを行い、それを中国の工場で製造。
それにより、高品質でありながら低価格を実現。様々な建築資材輸入の経験を持ち、中国に太いパイプを持つ久野商事だからこそ提供できる商品です。

 

フェンス設置工事について

そして何と言っても当社の強みは、商社でありながら工事部を併設しているところ。
中国からフェンス材料を輸入、そして設置工事まで一貫して行っているので、お客様は一度久野商事に発注いただければ、あとは完成を待つのみ。
改正FIT法を順守した設営をいたします!おおよその費用は、フェンス材料950円/m~、設営工事1,500円/m~にて承っております。
見積の詳細はwebからもしくは、お電話いただければすぐにご案内させていただきます!

 

久野商事の強み

高品質

フェンスの種類も豊富で、三層構造(先メッキ+粉体塗装を2回)なのでサビにくく、長く品質を保つことができます。今まで利用していたフェンスと比べてみてください。

短納期

ある一定の商品は当社三重県菰野倉庫で在庫を持っているため、お客様のご要望に合わせてすぐに納品が可能です!

低価格

プロデュースbyジャパンの品質を保ちながら、中国で製造を行っているため、理想の価格が実現!一度お問合せください。

SNSでシェアする

FacebookTwitterLine

この記事を書いた人

久野 将成

フェンス一筋数年。IT界からフェンス界に転生した久野です。
太陽光フェンスやアニマルフェンスについてのウンチクを中心に書いていきます。

  • instagram
  • instagram

関連記事

デマンドデータ

自家消費型太陽光発電に必要な「デマンドデータ」とは?

積立

太陽光発電設備の廃棄等費⽤積⽴制度とは? すべてを徹底解説!!

Grid_Parity

太陽光発電におけるグリッドパリティとは?

製品

お役立ち資料

お問い合わせ

ランキング

エアガン 獣害対策 1

エアガンで獣害対策!おすすめグッズ7選!

2021 / 03 / 19

トウガラシ 2

イノシシ対策に使われるハーブ・トウガラシは効果的なのか?

2020 / 09 / 28

分散 3

VPP(バーチャルパワープラント)とは

2022 / 06 / 24