TEL052-228-2650

受付/9:00~18:00(土日祝休)

資料請求

お問い合わせ

お問い合わせ

無料お見積もり

BLOG

ブログ

太陽光

積雪地域での太陽光発電 積雪地域ならではのメリット・デメリットを徹底解説

こんにちは!久野商事株式会社です。
北の地域や山岳地帯ではそろそろ雪がふり始める季節になってきました。

雪国での太陽光発電は不向きだと思われる方が多いかと思いますが、少し工夫するだけで、雪があまり降らない地域より発電量を増やすことができます!
今回の記事では、積雪地域ならではのメリット、デメリットを説明していますので是非最後までお読みください。

雪国で太陽光発電を行った際に受ける影響

積雪で太陽光パネルが隠れてしまい、発電力が大幅に低下、ほとんど発電しなくなる場合があります。
積雪量によっては雪の重みで太陽光パネルが破損してしまうことや積もった雪が落雪し怪我に繋がってしまう可能性があります。
野立てと屋根の場合でそれぞれの影響を見ていきましょう。

野立ての場合

雪国での野立ては積もった雪を落とすためパネルの角度が一般的なものより傾斜になっている事が多いです。
高さが低い架台が設置してある場合、パネルから落ちた雪がパネルの高さまで積もり、パネルを覆ってしまうことで発電力が低下してしまいます。

 

住宅用の屋根に設置する場合

太陽の日射量によっては、パネル上の温度が上がり積雪した雪が落ちて怪我に繋がる危険性があります。
重いパネルの上に積雪し、更に屋根の上の重みが増すことで、屋根が歪んでしまうことやパネルの破損に繋がる場合もあります。

 

積雪地域で太陽光発電を行うメリット

一件積雪地域で太陽光発電を行うのはデメリットと思う方が多いと思いますが、積雪地域ならではのメリットもあります。

夏場の発電ロスが少ない

実は、太陽光パネルは極端な暑さに弱いです。
夏場はパネルの表面温度が80度まで上昇することもあり、発電効率が悪くなり、通常時に比べ3割ほど低下してしまう場合があります。
パネルの表面温度が25度である場合に1番発電効率が良いとされています。
積雪地域では気温が高くなりすぎないため、高温による発電量の損失を防ぐことが可能です。

もし冬場の発電量が少なくても、夏に取り返せる可能性が高いため、年間を通すと他地域と変わらない結果になります。
このように、積雪地域では夏場の発電パフォーマンスの低下が少なく、他の地域より有利に発電できます
冬場の平均的な発電量が少なかったとしても、夏にその分を取り返すことも可能で、結果的に年間での発電量は変わらないか、他地域以上になります。

例として、長野県は全国でも積雪地域top10に入っているのにもかかわらず、発電量は全国2位です。
夏に発電量が伸びるため、1年間単位での発電量は一般地域と比較して同じ、それ以上になる場合もあります。

台風が少ない

他地域に比べて台風による影響が少ないため、台風でパネルが飛ばされることや、パネルが強風で飛ばされてきた石や木などにより損傷する可能性が少ないです。

ホットスポットが発生しにくい

夏場でも極端に温度が上がらないため、ホットスポットが発生しにくいです。

ホットスポットについては下記記事にて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
太陽光発電の「ホットスポット現象」とは? 原因や対策を徹底解説!

 

積雪地域で太陽光発電を行うデメリット

発電効率の低下

当然ですが、太陽光発電は太陽光で発電するため、積雪してしまうと発電量が減ってしまいます。
もし雪が降り続いてパネルに積雪してしまうと、ほとんど発電しないということもあリます。
しかし、夏場での発電で損失を取り戻せる可能性が高いため、大きなデメリットとはなりません

 

積雪による機器の破損

積雪は発電力の低下だけでなく、パネルの破損にも繋がります。パネルの耐加重を超えてしまうと、パネルが変形、破損する可能性があります。
住宅に設置した場合は、雪の重さにパネルの重さが加わるため建物に影響することもあり、野立ての場合は架台が耐えられず折れることもあります。

 

落雪

太陽光パネルはガラス製でとても滑りやすいのでパネルから勢いよく落雪します。
人に落ちてしまった場合、重大な事故に繋がる可能性があります
雪止めを取り付けておくことで勢いよく降雪することを防ぎ、事故も軽減できます。

 

お問い合わせはこちら

 

積雪地域で太陽光発電所を建てる時のポイント

積雪地域で太陽光発電を行う際にはいくつか注意しなければならいポイントがあります。
ここでは特に重要な3ポイントを説明します。

雪国仕様の太陽光パネルを選ぶ

積雪量が特に多い地域では耐性力の高いメーカーを選ぶことがお勧めです。
積雪に耐えられることで有名なのが、「カナディアンソーラー」です。
日本の実績が長く、製造国が中国のため安価で、雪国でよく選ばれています。
多少お値段は上がりますが、国産のパネルですと三菱電機やパナソニックなどのメーカーも雪国でも安心して使えるパネルを取り扱っています。

雪国仕様の架台を選ぶ

架台は大雪でパネルに積雪した雪の重さで倒壊する場合があります。

そのため、強度を高くする事が推奨されていますが、強度を高くした分、必然的にコストも高くなります。
しかし、大雪で倒壊した場合、除雪作業、撤去、工事と再度設置のための費用、時間が必要になります。
また倒壊してから再設置できるまで発電はできません。総合的に考えて強度の高いものを選ぶ事が好ましいです。

また、高さはパワーコンディショナーが雪に埋もれないためにも地上から1メートル以上のものを選ぶことをおすすめします。

積雪地域での施工に慣れている業者を選ぶ

発電量を最大限に生かすための設置方法や設備を調整したり、雪が落ちて隣家とのトラブルにならないように配慮したりの雪対策、ほかの地域に比べて気を付けなければいけないことが多いです。
被害を出さないためにも太陽光発電をご検討の場合は、その地域で実績の高い、雪国の事情に詳しく、専門的な知識や実績のある施工店に依頼するのが重要です。

 

太陽光発電の積雪対策

積雪地域で太陽光発電をやる際にはかならず積雪対策を行う必要があります。
ここではやっておくと良い対策を2点説明します。

架台に角度を付ける

パネルに積雪するとパネルと架台に大きな負担がかかりますが、設置角度を大きくすることで、素早く雪を落とす事ができます。
15度以上の傾斜をつけることで、雪が多く積雪するまでに雪を落とすことができ、発電量の減少をなくし、架台への負担を抑えることができます。

雪が素早く落ちることで万が一の事故も防げます。

保険に加入する

積雪対策はしていたけど、何十年に一度の大雪で想定外の破損がある場合があります。
すでに強度不足のものを設置していると、再施工するのに膨大な費用がかかってしまいます
割高になるので保険に加入していた方が万が一のために備えておけます。

そこで火災保険に入っていると安心です。火災保険であれば、積雪だけでなく、台風や落雷などの自然災害にも対応しているためお勧めです。

太陽光発電の保険については下記記事にて詳しく説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
太陽光発電所の自然災害リスクとは?すべき対策について徹底解説

 

まとめ

ここまで積雪地域での太陽光パネルの設置のメリット、デメリットや対策方法を説明してきました。
問題が多いと考えられがちで、実際デメリットはありますが、対策することでほとんどなくなります!
北陸方面、雪が降る地域にお住まいの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

久野商事では太陽光発電を設置するのに必要なフェンス防草シート全て取り揃えており、設置まで一貫して工事を行う事ができます!
HP、電話でお問い合わせお待ちしております。
太陽光発電設備の工事ならぜひ、実績ある当社にお任せください!

お問い合わせはこちら

SNSでシェアする

FacebookTwitterLine

この記事を書いた人

no_image

伊藤 瑠華

関連記事

太陽光フェンス 傾斜

セカンダリー物件の売買ついて徹底解説

投資

太陽光発電投資のメリット・デメリットを徹底解説

架台

太陽光 2022 / 10 / 27

野立て太陽光発電の架台とは?最適な架台の種類と設置のポイント

製品

お役立ち資料

お問い合わせ

ランキング

トウガラシ 1

イノシシ対策に使われるハーブ・トウガラシは効果的なのか?

2020 / 09 / 28

エアガン 獣害対策 2

エアガンで獣害対策!おすすめグッズ7選!

2021 / 03 / 19

木酢液 3

木酢液でイノシシや鹿を追い払えるのか?

2020 / 12 / 07