TEL052-228-2650

受付/9:00~18:00(土日祝休)

無料プレゼントを貰う

プロに聞いてみる

お問い合わせ

無料お見積もり

BLOG

ブログ

太陽光

失敗しない! 雑草対策 なぜ太陽光発電所に雑草対策が必要なのか

皆さん、こんにちは。
いつも久野商事をご利用頂き誠にありがとうございます。

夏が近づき、雑草が増えやすいこの時期に雑草対策をしようと考えている業者様も多いかと思います。
一言で雑草対策と言っても草を刈ったり、除草剤を撒いたりと様々な方法があります。
そこで今回は太陽光発電所の雑草対策についてお話したいと思います。

 

なぜ雑草対策が必要なのか?

具体的な雑草対策についてお話する前に、そもそもなぜ雑草対策が必要なのかを説明致します。

野立ての太陽光発電は、基本的に整地した土地に架台を設置して、その上にソーラーパネルを設置します。
その際に雑草対策をしていないと背丈の高い雑草が太陽光を遮断して、発電効率を下るなど悪影響があります

発電効率が悪くなると、発電量が減り予定していた収益まで行かなくなってしまいます。
ソーラーパネルは、地面との距離が近いため雑草の影響を受けやすいため、雑草対策はとても大切です。

また、雑草対策を怠ると発電効率が下がるだけでなく、様々な問題の原因にもなってしまいます。

害獣や害虫が住み着く

雑草を放置すると、イノシシやシカといった害獣が住み着いてしまいます。
住み着いた害獣は、餌を求めて、太陽光発電所内の地面を掘り起こし、ケーブルなどを噛みちぎってしまう事があります。

それにより、ケーブルが損傷火災や漏電などといった大きな被害に繋がり、最悪の場合、近隣住民にも被害が及び苦情やトラブルの原因となるため、雑草対策が必要になってきます。

また、害虫にも注意しなければなりません。
害虫が増えることにより、太陽光パネルの上に糞を落としたり、パワコンなどの内部に侵入して感電して不具合を起こしてしまう可能性もあります。

雑草対策以外の害獣対策につきましては、下記記事でまとめておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

太陽光発電の発電効率が下がる

雑草が伸びることで、太陽光パネルに影ができてしまい、太陽光が当たらなくなってしまいます。太陽光が当たらなくなると、発電効率が落ちてしまいますので、収益が減少してしまいます。さらに、場合によってはホットスポット現象が発生して、太陽光発電設備故障の原因にもなります。

ホットスポットについては、下記記事にて説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

パワコンの内部に雑草が侵入する

雑草は成長すると1m以上になる種類が多く、扉などの隙間からパワコンの内部に侵入することもあります。
特に、ヤブガラシやクズといった、つる性の雑草などは架台などをつたって吸排気口からパワコン内部に侵入して故障の原因となることもあります。

低圧の配電線に連系している太陽光発電所の点検を担当した際、発見した。さまざまな地域の発電所で、同じような例を見かけていることから、国内の多くの発電所で生じている可能性があるとしている。
引用元:吸排気口からツル性植物「クズ」が侵入、パワコン内で繁殖し、稼動停止

パワコンについては下記記事にて説明しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

盗難・不法投棄される

太陽光発電設備はどれも高価なものです。
特に銅の価格高騰により、送電ケーブルが盗まれるという事件が多発しています。

雑草管理をせずに放置していると、窃盗団に管理が甘いと伝えるようなもので、被害に会いやすくなってしまいます。
また、管理されていない土地では不法投棄が起きます。
太陽光発電所も例外ではなく、いつの間にかゴミが溜まっているという事態になりかねません。
そのため、雑草対策はとても重要だと言えます。

太陽光発電所における盗難については下記記事で詳しくまとめておりますので、ご覧ください。

見積を作成する   問い合わせする

雑草対策の種類

ここからは具体的にどのような対策が有効なのかを説明したいと思います。

除草剤を散布する

除草剤

除草剤散布による雑草対策は、一回あたりのコストが安く抑えられます。 さらに、除草剤は散布するだけなので、とても簡単に雑草対策ができます。

除草剤には「茎葉処理タイプ」と「土壌処理タイプ」の2種類があります。
茎葉処理タイプは除草剤散布後に植物を植える際に利用する物のため、除草後に種子吹付を行わない場合は、土壌処理タイプの物を利用しましょう。

また、除草作業を行う上で気を付けないといけないこともあります。
除草剤を撒くと、その周辺にも影響を与える可能性があるため、敷地外の環境を事前に確認した上で散布しないといけません。

特に太陽光発電所周りに農地などがある場合は迷惑とならない様に配慮して、除草剤を散布しましょう。
除草剤の費用感としては、年間約60円~/㎡(20円~/㎡×年3回)程度のため、安く抑えることが可能です。

 

重曹を散布する

重曹

重曹は「炭酸水素ナトリウム」の略称で、料理や掃除、防臭や美容さらには医療までと幅広く使用されています。

重曹には殺菌効果があるため農薬替わりとして使われたり、うどんこ病などに対する殺菌剤として利用されたりしています。
実際農薬の主成分として重曹を使用している商品もあるため、その効果は高いと言えます。

そんな重曹ですが、実は除草効果もあると言われています。
重曹には植物の細胞を破壊するエチレンを活性化させる効果があり、重曹を吸収した植物はエチレンが活性化されることにより植物内の細胞が壊死して、そのまま枯れていきます。

ここで注意したいのが、あくまで植物が吸収することにより除草効果が生まれるという点です。
除草剤のようにそのまま散布するだけではあまり効果がありませんので、必ず一度カマなどで雑草を傷つけた後に散布するか、高圧洗浄機に重曹を混ぜてなぎ倒しながら散布する必要があります。
また、重曹で得られる効果はあくまで除草であり、防草ではないため、除草剤と同じく定期的に散布する必要があります。

重曹最大のメリットは商品や医療品などに使用されるほどに高い安全性にあります。(掃除用の重曹は純度が低いため、安全性は下がります)
そのため、散布しても周りの環境や人、動物などに影響を与えることはほとんどありません

重曹は値段も1kg辺り200円~300円程度ととても安価な為、除草剤の代替品としてオススメ致します。

 

消石灰(しょうせっかい)を撒く

消石灰

消石灰とは石灰石を粉砕し、炉で焼成して水を加えた物の事を指します。
消石灰は主に土壌改良に利用したり、学校のグラウンドに線を引くのに利用します(※消石灰に触れることにより肌がかぶれたり、目に入る事で炎症を起こすなど、安全面に問題があることから、学校などでは現在使用されていません)

日本では雨が多く、土壌のカルシウムやマグネシウムが流れてしまうことから、酸性に傾きやすいと言われています。
そのため、酸性を好む雑草が生えてこないように、アルカリ性である消石灰を撒くことで雑草を防ぐ事が出来ると言われています。

ただし、これはあくまでスイバ・クローバー・カタバミ・オオバコなど酸性を好む雑草に効果があるだけであり、中性やアルカリ性に強いスギナ・クズ・ヨモギなどの雑草には残念ながら効果がありません

雑草対策として利用する場合、消石灰はホームセンターなどで大体300~800円/1kg程で購入が可能です。
撒き方としましては、スコップなどで地面を30cm程掘り、1㎡辺り100gを目安に入れていきます(これはあくまで土壌改良の場合ですので、営農などを行う予定がない場合少し多めに入れてアルカリ性に傾けるのが理想です)

もし雑草対策として利用する場合は先にも説明した通り、肌や目に触れたり、吸い込むと大変危険なため、マスクやゴーグル、長袖長ズボンを着るなど細心の注意を払って作業を行ってください。

 

草刈り機で刈り取る

草刈り機

雑草対策と聞き、真っ先に浮かべる一般的な対策が草刈り機での対策ではないでしょうか。
場所によっては草むしりを行っているところもあるかと思いますが、草刈り機による、雑草対策はもっとも多く行われている対策になります。

こちらの対策も、一回当たりのコストが安いのが特徴(人件費を除く)です。
さらに、草刈り機での対策は見た目が自然に仕上がるのも大きな特徴です。ただ、草刈り機で草を刈っているだけなのですぐに、刈り取った部分が伸びてきてしまい効果が持続しなかったり草刈り作業の最中に、ケーブルの切断や飛び石によりケガなどの事故に繋がったり、機器やパネルを破損してしまう可能性があります。

作業の頻度としては、生育状況にもよりますが、最低でも年4回は必要になるため、労力が掛かります。
費用は、年間100円~200円/㎡(50円~100円㎡×年4回)ほど、必要になって来るでしょう。

見積を作成する  問い合わせする

砂利・砕石を撒く

砂利・砕石

砂利や砕石を撒くことで雑草を抑える事が可能です。大体5cm程の厚さで撒くのが良いされており、一度撒くと3~5年程の防草効果があります。
しかし、砂利や砕石の上に土などが溜まるとそこから雑草が繁茂する可能性があるため、定期的な確認が必要となります。

また、こちらの方法は後ほど説明する防草シートと併用して利用することもあります。
費用としては砂利と砕石、防草シートの金額が掛かってしまうため、高額となってしまいますが、雑草対策として有効です。

費用は1回1,500円~/m²当たりと除草剤よりも価格が高くなります。

 

アスファルト・コンクリート舗装

コンクリート

太陽光発電所内を、アスファルトやコンクリートで覆ってしまう方法もあります。
一度、太陽光発電所内をアスファルトやコンクリートなどで覆えば除草効果も長く、長期で雑草対策を行えるのが特徴です。

しかし、アスファルトやコンクリートの割れ目などから雑草が貫通して生えてきたり、隙間に砂などが溜まりそこから雑草が繁茂しまうケースもあります。
また、費用の目安は、10,000円/㎡以上とコストがかなり掛かってしまいます。

 

固まる土を敷く

固まる土

固まる土は土にセメントなどを混ぜ込み固めた土の事です。
固まる土を敷いたところに水を掛けるだけで固まる事から簡単に雑草対策が出来て、見た目も綺麗と人気が出ています。

施工方法も簡単で、地面に3~5cmの厚みで固まる土を撒き、土固めで固めた後に、水を撒いて自然乾燥させるだけとなります。

ただし、固める土はコンクリートやアスファルトと違い、強度が弱いため人が良く通る場所ではすぐにひび割れしたり、欠けてしまうことがあります。
また雨が多い地域だと土が流されてしまったり、透水性が低いと水たまりになってしまい、日陰などだと苔が生えてきしまう事もあるため、施工する際は水勾配も考慮することをおすすめします。

固まる土はホームセンターなどで1㎡辺り4,000円から~8,000円程で購入が可能で、同じように雑草を覆うコンクリートと比べて非常に安価です。
耐用年数は商品によって異なりますが、大体5~10年と言われています。

 

種子吹付(種子散布)

クローバー

種子吹付でクローバーなど背が低く、強い植物を散布することで他の雑草を生えさせない方法です。

施工費用も安く太陽光施設の緑化も出来る事から注目されていますが、種子を撒くだけでは植生に失敗することがあり、最初の1年は最低限の管理が必要です。
費用は会社によりさまざまですが、大体200円/㎡程で可能です。

 

生物除草

生物除草

ヒツジなど草を食べる動物を使った除草方法です。
生き物ため放置する事が出来ず、食べない草もあるため、随時除草をするというメンテナンスが必要になります。

また、小屋や水場など太陽光施設以外の施設が必要で、冬など雑草が生えない時期では餌やりが必要のため年間を通して費用が掛かってくるためオススメ出来ません
費用としては、ヒツジの場合は1頭辺り5万~8万円ほどで、小屋などの準備で安くとも10万円ほど掛かってきます。

 

架台を高くする

熊本県 防草シート

架台を雑草が届かないくらい高くする事で雑草対策することが出来ます。ただし、架台を高くした分、架台の値段が上がってしまうので注意が必要です。
架台を高くする場合は土地を農地転用して、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)をすることを検討すると良いでしょう。

ソーラーシェアリングについては下記記事でまとめておりますので、宜しければこちらもご覧ください。

 

防草シートを敷く

広島県 防草シート

防草シートは、施工が簡単で維持管理の手間なども大幅に軽減する事が可能です。
初期費用は除草剤や草刈り機よりも掛かってしまいますが、製品によっては耐用年数が5年以上の物もあるため、ランニングコストで考えると、安く抑える事が可能ですので、防草シートを設置することをおすすめします。

ただし、防草シートは、車などの重いものが乗ると傷がついたり、破れたりすることで、そこから雑草が生えてくる事もあるため、管理車両が乗り入れる場所に防草シートを敷くことは避けた方が良いでしょう。
また、防草シートには、様々な種類があり性能や価格もバラバラで、施工業者によって施工のクオリティが違うため、製品と施工業者には注意が必要です。

防草シートの性能が良くても、しっかりと施工しないと隙間から雑草が生えてくることがあるため、施工業者選びはとても重要と言えるでしょう。防草シートの値段と施工費用は製品や施工業者によって異なります。

防草シートの価格は織布の防草シートであれば、大体150~300円/㎡ほどで、不織布の防草シートだと値段が上がり、大体300~800円/㎡程となります。
施工費用については施工業者や施工方法、土地の形状により変わりますが、大体280~3,000円/㎡程となります。

久野商事では、防草シートの販売と施工を一貫して行っており、購入から設置までスムーズに行えますので、ご興味のある方はぜひご検討ください。

■当社取り扱い防草シート
・耐候年数10-20年。高耐久高品質
JPSS(久野商事オリジナル)-商品ページ
マイティシート グリーン-商品ページ

・耐候年数10年。高耐久透水性抜群
強力防草シート PRO-商品ページ

・両面発電に最適
強力防草シート PRO ホワイト-商品ページ
マイティシート ホワイト-商品ページ

見積を作成する   問い合わせする

どんな防草シートを選べばいいのか?

先ほどご説明したとおり、防草シートには様々な種類があり、どの防草シートが良いか迷う方が多いと思います。
そのため、防草シートの選び方について説明していきたいと思います。

透水性(水はけ)

防草シートには透水性が重要です。 透水性のない防草シートだと、雨が降った際に防草シートの上に雨水が溜まります
そして溜まった雨水の上を歩くことで泥などが付き、泥の中に混じっている種子や飛来してきた種子が発芽してしまう恐れがあります。
大半の防草シートは透水性を考慮していますが、購入する際には必ず確認しましょう。

 

遮光性

防草シートには遮光性が最も重要です。雑草は太陽の光を受けて光合成をすることで成長します。
そのため、太陽の光さえ遮断してしまえば、雑草の成長を妨げることが出来ます。当たり前の事ですが、太陽光発電所は、屋外にあるため、日光が良く当たります。
遮光性の高い防草シートを選び、できるだけ日光の光を遮断することにより、雑草の成長を妨げることが、雑草対策になります。

 

耐久性

耐久性の高さも、防草シートを選ぶ上で重要なポイントになります。
せっかく防草シートを敷いても、短期間でボロボロになるようでは、意味がありません。劣化して破れたところから雑草が生えてきて、草刈りを行ったり、新しい防草シートを敷いたりと余計な手間やコストが掛かってしまいます。
そのため、防草シートを選ぶ際は耐久性の高い防草シートを選ぶようにしましょう。

 

防草シートの種類

防草シートは素材によって強度が異なり、大きく分けて3種類あります。

織布

織布タイプは縦と横に繊維が織り込まれており、引っ張りに対する強度が高いです。

しかし、織り込まれている繊維に僅かな隙間があるため、丈夫で突き抜けやすい雑草には不向きです。

 

不織布(短繊維)

不織布(短繊維)タイプは繊維を織らずに作られた防草シートです。
織布と違い、隙間がないため、突き抜けやすい雑草に対して効果がありますが、値段は高めとなります。

 

不織布(高密度)

不織布高密度タイプはその名の通り、不織布(短繊維)よりもより高密度で破れにくい防草シートで、厚みがあります。
その分値段は高めとなりますが、防草効果は絶大です。

防草シートは短いと半年。長いものだと5年以上効果があり、製品によって耐用年数が大きく異なります。
そのため、素材と耐用年数を良く確認してから購入しましょう。

 

まとめ

ここまで、太陽光発電施設の雑草対策の重要性や、雑草対策の方法についてなどを説明してきました。

雑草対策で一番のおすすめは防草シートです。
久野商事では、お客様のご要望に合わせられるように、低価格・高耐久の防草シートを様々取り扱っております。

また、防草シートの販売だけでなく、防草シートの施行工事も一貫して行っておりますので、防草シートのご提供と設置までがとてもスムーズにできます。
それ以外でも、太陽光フェンスや架台なども取り扱っておりますので、太陽光発電所についてお困りのことがございましたら、お気軽にお申し付けください。

■当社取り扱い防草シート
・耐候年数10-20年。高耐久高品質
JPSS(久野商事オリジナル)-商品ページ
マイティシート グリーン-商品ページ

・耐候年数10年。高耐久透水性抜群
強力防草シート PRO-商品ページ

・両面発電に最適
強力防草シート PRO ホワイト-商品ページ
マイティシート ホワイト-商品ページ

見積を作成する  問い合わせする

SNSでシェアする

FacebookTwitterLine

この記事を書いた人

久野 将成

フェンス一筋数年。IT界からフェンス界に転生した久野です。
太陽光フェンスやアニマルフェンスについてのウンチクを中心に書いていきます。

  • instagram
  • instagram

関連記事

デマンドデータ

自家消費型太陽光発電に必要な「デマンドデータ」とは?

積立

太陽光発電設備の廃棄等費⽤積⽴制度とは? すべてを徹底解説!!

Grid_Parity

太陽光発電におけるグリッドパリティとは?

製品

お役立ち資料

お問い合わせ

ランキング

エアガン 獣害対策 1

エアガンで獣害対策!おすすめグッズ7選!

2021 / 03 / 19

トウガラシ 2

イノシシ対策に使われるハーブ・トウガラシは効果的なのか?

2020 / 09 / 28

分散 3

VPP(バーチャルパワープラント)とは

2022 / 06 / 24