採用についてはこちら

LINE始めました

TEL052-825-3980

受付/9:00~18:00(土日祝休)

かんたん無料お見積もり

お問い合わせ

無料お見積もり

PERFORMONCE

兵庫県の施工事例一覧

兵庫県 太陽光フェンス

兵庫県で行う防獣対策とは

平成30年度に兵庫県内で行われた「野生鳥獣による農林業被害調査」によると、被害金額は前年に比べて6,800万円の増加となる合計5億7,900万円でした。 獣種別にみるとシカによる農林業の被害が最も大きく、2億2千万円の被害が発生しています。 これは前年に比べて4,400万円も多い数字です。 また、イノシシの被害も2億2,000万円と前年比+4,400万円となっていて、兵庫県ではシカとイノシシの被害だけで全体の7割を占めています。 他にはアライグマやサル、また鳥類の被害も所々で見られます。 兵庫県内で増加しつつある防獣対策を進めるために、兵庫県では野生鳥獣の個体数管理や被害管理、また生息地管理を総合的に進めるワイルドライフ・マネジメント(野生鳥獣の保護管理)に取り組んでいます。 これにより農林業などへの被害軽減を図り、人と野生鳥獣との調和のとれた共存を目指しているでしょう。 具体的には鳥獣保護管理事業計画および特定鳥獣保護計画管理計画・管理を策定していて、鳥獣の保護や管理に関する県の方針を定めるとともに、ツキノワグマやシカ、イノシシ、ニホンザルの保護計画や管理計画を策定しています。 また、シカやイノシシなどについては捕獲を推進するとともに、防護柵の整備などの被害対策を進め、野生鳥獣による被害の軽減を図っています。 最後に兵庫県で特に多くの被害を与えているシカの有効活用を図るために、処理したシカをシカ処理加工施設へ持ち込むためのシステムづくりを行い、シカ肉などの PR 活動を行っているのが特徴。 また、「ひょうごシカ肉活用ガイドライン」には、シカ肉の衛生的で安全なシカ肉の確保を図るために必要な捕獲や搬入、殺解体、処理方法、食肉販売などの取り扱い事項について記載しています。 県のホームページでは野鳥のヒナや弱っている野鳥の扱い方についても説明していますので、一度確認してみることがおすすめです。 認定鳥獣捕獲等事業者制度では野生鳥獣を捕獲できる事業者を県が認定しています。

イノシシ

兵庫県で被害が多い地域とは

兵庫県には神戸をはじめ、さまざまな地域がありますが、都市部の神戸市よりも豊かな自然が広がる豊岡市がダントツで農作物被害を多く報告しています。 そのなかには深刻な被害を受けている集落も多く、捕獲目標頭数に対して狩猟有害合計頭数のほうが上回ることも。 そのため豊岡市では防護柵を積極的に取り入れていて、平成29年までに約100万件の防護柵を取り入れています。 豊岡市の他にも丹波市や姫路市、三木市でも多くの被害が報告されています。

Products

製品案内

全国のフェンス
施工パートナー募集!

Recruiting partners

パートナーについて詳しい条件を見る

大切な資産を守るお手伝をいたします!

Contact

お問い合わせ

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
販売から施工までを一貫してのご依頼も承っております。

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
大切な資産をお守りするお手伝いをさせていただきます。