採用についてはこちら

LINE始めました

TEL052-825-3980

受付/9:00~18:00(土日祝休)

かんたん無料お見積もり

お問い合わせ

無料お見積もり

PERFORMONCE

佐賀県 – 太陽光施設用フェンスの販売施工なら久野商事

群馬県 太陽光フェンス

佐賀県で行う防獣対策とは

平成30年度における佐賀県の有害鳥獣による農作物被害額は約1.4億円でした。 近年は減少傾向にありますが、それでも農業生産には大きな影響を及ぼしていて、県では有害鳥獣の種類や特性に応じた住み分け対策や侵入防止対策、そして捕獲対策を適切に組み合わせた計画を実施しています。 具体的には鳥獣保護管理事業計画を立て、指定地域での鳥の鳥獣の捕獲を禁止し安定した生存を確認しながら多様な保護繁殖を計っているのが特徴です。 また佐賀県に多いイノシシやサルなどに出会った場合の対策については、ホームページで確認できます。 有害な鳥獣を適切に捕獲できるように県では狩猟免許試験を実施していて、予備講習も受けられます。 県内の鳥獣に対して理解を深めるために鳥獣被害対策技術関係資料や推進パンフレットを作成し、被害対策についてもまとめました。 この事業では侵入防止柵などの整備も進めていて、平成21年度から30年度までの10年間でワイヤーメッシュ柵を約3,700km 電気工作は約4,000セット、そして箱罠やくくり罠は5,000台以上設定してきました。 これにより佐賀県内における農作物被害額は大幅に減少しています。 平成30年度には多久市の平古場集落でワイヤーメッシュの点検や補修対策、展示を設置するなどして対策を行いました。 他にも唐津市や伊万里市、武雄市などではイノシシ被害対策としてワークショップを実施したり、ワイヤーメッシュや箱にわを設置したり、無人カメラによる住所特定を行ったりとさまざまな取り組みを進めているのが特徴です。 佐賀県では有害鳥獣の捕獲者に対してイノシシ一頭あたり2,500円、アライグマ一頭あたり1,000円の捕獲報奨金を助成しています。 また電気牧柵設定者には上限1/3、ワイヤーメッシュ柵と電気牧柵罠を行った人に対しては県で1/2以内の補助を行っています。 ただしこちらは市町が1/4以上補助することが上限です。

広島県 防草シート

佐賀県で被害が多い地域とは

佐賀県ではとにかくイノシシの被害が多く、農作物の被害額のうち約6割がイノシシ、約1割はカラスやカモ、中型哺乳類が占める結果となっています。 そのなかでも唐津市鎮西町にあるから加唐島はイノシシが非常に多く、島民の3倍以上が存在すると言われています。 唐津市は他にもサルやアナグマなどの被害も多く、イノシシは武雄市や多久市、伊万里市などでも多く報告されています。 夜行性であるイノシシは、夜間から早朝にかけての出没が多く報告されているのが特徴です。

Products

製品案内

全国のフェンス
施工パートナー募集!

Recruiting partners

パートナーについて詳しい条件を見る

大切な資産を守るお手伝をいたします!

Contact

お問い合わせ

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
販売から施工までを一貫してのご依頼も承っております。

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
大切な資産をお守りするお手伝いをさせていただきます。