採用についてはこちら

LINE始めました

TEL052-825-3980

受付/9:00~18:00(土日祝休)

かんたん無料お見積もり

お問い合わせ

無料お見積もり

PERFORMONCE

栃木県の施工事例一覧

太陽光フェンス

栃木県で行う防獣対策とは

平成30年における栃木県の鳥獣による農作物被害金額は、2億8000万円でした。 対前年度比は84%でここ数年は減少傾向にありますが、イノシシを筆頭にハクビシンやシカ、サル、タヌキなどの被害は県内でまだまだたくさん報告されています。 農作物のなかでは稲の被害が最も多く、次いで野菜、芋の順番です。 このような被害を少しでも少なくするために栃木県では「野生鳥獣による農作物被害の傾向と対策」「シシナビとちぎ これからのイノシシ対策」「獣害に強い集落づくりの手引き」などのパンフレットを作成し、「野生鳥獣被害防止マニュアル」をホームページにアップしています。 こういった取り組みでは被害と対策の事例を紹介することで、農業者への注意喚起を行っているのが特徴です。 特にイノシシによる農作物の被害が深刻な栃木県ではとちぎ獣害対策アドバイザー派遣事業を実施し、専門家が現地に赴いて約半年の間、集落の被害対策の計画作成や被害対策を行っています。 自治体内でも獣害対策地域リーダー育成研修を定期的に行い、地域ぐるみの獣害対策に必要な専門的知識と技術を持つ人材を育成しています。 さらに県内の多くの自治体では、有害鳥獣の対策費補助金制度を設けています。 補助する内容は自治体によって異なりますが、多くの自治体では防護柵や電気柵、はこ罠やくくり罠を購入した人に対して、購入金額の1/2を上限に助成しています。 足利市、矢板市、那須烏山市、大田原市、鹿沼市、日光市、宇都宮市などが助成を行っている代表的な自治体ですが、他の自治体も行なっておりますので、詳しくお住まいの自治体のホームページをご確認ください。

群馬県 太陽光フェンス

栃木県で被害が多い地域とは

栃木県で最も農作物に被害を与えている動物はイノシシで、被害の半数はイノシシによるものといわれています。 平成16年には主に栃木県の山間でイノシシ被害が報告されていましたが、近年では平坦部でも被害が報告されていて、栃木県のほぼ全域でイノシシの生息が報告されています。 その中でも栃木県の東部に位置する那珂川町は山林等が大半を占める中山間地域であり、関東一の清流と呼ばれる那珂川が流れる自治体です。 自然豊かである那珂川町ではイノシシの出現が頻繁に報告されていて、農作物の被害額も4,000万円を超えています。 そんな那珂川町では罠や柵を仕掛けるだけではなく、イノシシ肉を販売するなどしてさまざまな獣害対策を行っています。

Products

製品案内

全国のフェンス
施工パートナー募集!

Recruiting partners

パートナーについて詳しい条件を見る

大切な資産を守るお手伝をいたします!

Contact

お問い合わせ

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
販売から施工までを一貫してのご依頼も承っております。

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
大切な資産をお守りするお手伝いをさせていただきます。