採用についてはこちら

LINE始めました

TEL052-825-3980

受付/9:00~18:00(土日祝休)

かんたん無料お見積もり

お問い合わせ

無料お見積もり

PERFORMONCE

宮崎県の施工事例一覧

太陽光フェンス

宮崎県で行う防獣対策とは

平成30年度における宮崎県の野生鳥獣害による農林作物被害額は約3億4500万円で、そのうち農作物被害額は2億8000万円と言われています。 農作物被害額については全国18番目に高い数字であり、自然豊かな宮崎県にはシカを筆頭にイノシシやサル、カラスなどさまざまな野生動物が生息しています。 農作物などへの被害を少しでも軽減するために、宮崎県では地域鳥獣被害対策特命チームを作成し、研修会を実施するなどして普及活動への支援を行っているのが特徴です。 また、サル侵入防止柵の設置指導や中型獣侵入防止柵の活動指導を行い、鳥獣による被害に悩まされる地域への技術支援を進めています。 実際に有害な鳥獣の駆除のためにしかるべき対策を取れる人材育成を目的に、鳥獣被害対策マイスター研修を行い、基礎知識や電気柵設置技術の習得を目指しています。 こういった研修では現場の身近な技術指導者の育成を目指し、座学や実践技術など多様な研修を実施しているのが特徴です。 野生鳥獣の種類に合わせた対策がいくつか考えられているのが、宮崎県の防獣対策の特徴です。 たとえば侵入防止や顧客対策が進みにくいサルについては ICT を活用した行動早くや的確な追い払い体制を検討し、鳥獣被害防止総合対策交付金を利用して侵入防止施設や処理加工施設の整備を支援しています。 また人工林における強化型防護柵設置の普及や定着を図るとともに、継続的な維持管理の普及啓発を進めることを目的としています。 シカに対しては、冬場の供給源となる路肩の草のにおいの発生を抑えるために適切な草刈り時期の周知を行っています。 イノシシに対しては有害捕獲許可日数の延長や罠による有害捕獲を可能とした規制緩和措置の活用を行うなどして効率的な捕獲を推進しています。 狩猟免許の新規取得者に対する助成を行うことで狩猟者の確保に努め、また初心者への技術向上講習会も実施しました。 県内の多くの自治体ではイノシシやシカ用の電気防護柵の購入経費補助を行っています。

群馬県 太陽光フェンス

宮崎県で被害が多い地域とは

宮崎県では多くのエリアで鳥獣被害が報告されていますが、特に都城市の山岳地域において鹿はシカによる被害が目立ちます。 また、高千穂峡や日之影町、五ヶ瀬町の3町で構成されている西臼杵地域ではイノシシやシカ、サルなどの農作物被害が年々深刻化していて、モデル集落を設置しながら研修会や集落、点検を実施しているのが特徴です。 東臼杵郡にある椎葉村でも、シカやイノシシ、サルなどによる被害が報告されています。

Products

製品案内

全国のフェンス
施工パートナー募集!

Recruiting partners

パートナーについて詳しい条件を見る

大切な資産を守るお手伝をいたします!

Contact

お問い合わせ

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
販売から施工までを一貫してのご依頼も承っております。

フェンスの種類・長さ、門の種類・個数などでお悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。
大切な資産をお守りするお手伝いをさせていただきます。